2016年06月19日

流し台・システムキッチン・障子・ふすま・便器便座・照明器具など、 住宅機器のCADフリーデータを、一覧で表示しているようなサイトはありませんか。


流し台・システムキッチン・障子・ふすま・便器便座・照明器具など、 住宅機器のCADフリーデータを、一覧で表示しているようなサイトはありませんか。
人気順なども表示されているといいのですが。
また、住宅の性能認定制度についても、教えてください。



トイレ・ユニットバス・浴槽・洗面化粧台・アルミサッシ・玄関ドア・灯篭など、 CADフリーデータが揃っているページです。
http://ken-cad.osusume-soft.com/

このサイトでは、他に次のCADデータがダウンロードできます。
・自動車、人物、樹木
・土木機械、荷役機械、運搬機械
・舗装機械、高所作業車・杭打機
・安全施設、仮設工、基礎工
・鋼材、コンクリート二次製品、図形サイン
・配管設備、空調設備、電気設備
・建築パース、造園、機械、河川、業種
・住宅機器、家具

住宅の性能認定制度についてです。
住宅の構造耐力性能としては、地震力・風力・積雪に対する強さがあげられます。 防火・耐火構造性能として、火災の延焼の防止、防火区画、火気使用室の防火などです。 通風・換気性能としては、通気、通風、床下・小屋裏換気になります。 省エネルギー性能としては、日射遮蔽、気密性。防露性能として、表面結露、内部結露の対策。 界壁・界床の遮音性能として、 室内の音を伝わりむこくくする方法。防さび・防蟻・防腐性能、防水性能などが設けられています。

トイレ・ユニットバス・浴槽・洗面化粧台・アルミサッシ・玄関ドア・灯篭など、 CADフリーデータが揃っているページです。(その2)
http://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

 スポンサーリンク



posted by fuu at 13:05| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

空調設備と給排水設備/出題傾向と重要項目集/管工事施工管理技術検定 実地試験

空調設備と給排水設備/出題傾向と重要項目集/
管工事施工管理技術検定 実地試験


管工事の実地試験は、設備全般、空調設備、給排水設備、工程管理、法規などが出題されます。 次のサイトが参考になります。実地試験の対策が掲載されています。
管工事施工管理技術検定、実地試験の、
過去問、出題傾向と出題予想が紹介されています。
http://kensetu-shikaku.gambaya.com/kankouji/kore-kan/

実地試験で、どの問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、よくわかります。
対応しなければならない項目の重要度、覚える優先順位などが掲載されています。

管工事施工管理技術検定 実地試験、空調設備と給排水設備の、出題傾向と重要項目の1例を紹介します。

管工事 実地  H24-2  H18-2
パッケージ形空気調和機の単体試運転調整

 電圧、電流などが正常値であるか、電圧計、電流計などの測定値を確認する。
 吸込温度、吹出温度、風量、冷媒吐出圧力、吸入圧力、油圧、冷媒ガスの循環量などが、正常値であるか確認する。
 運転時の、送風機の回転方向、リレー回路・保安回路・警報回路などの作動状態などを点検する。
 運転時のドレントラップの封水状態、ドレンパンの排水状態、汚れなどを確認する。
 各種安全装置、リモートコントローラの作動状態を点検する。
 室外機の接続状態、水平度、アンカーボルトの締め付け程度、接続配管を点検する。
 室内機、室外機の異常音、振動の有無について確認する。

管工事 実地  H27-3  H23-3-1
給水管の埋設施工

 軟弱地盤で、配管をコンクリートに埋設する場合は、さや管を用いた維持管理が行いやすい施工とし、構造耐力上主要なコンクリート部には埋設しない。
 給水管と排水管を平行して埋設する場合には、両配管の水平間隔をできるだけ離し、給水管は排水管の上部に埋設する。
 配管に漏水があった場合は、速やかに管の取替え修理を行い、コーキング修理を行ってはならない。
 配管施工中の開口部は、すべてプラグなどを用いて、異物の侵入を防止する。
 配管の勾配は、空気だまりや泥だまりが生じないように、均一な勾配を確保する。寒冷地においては、先上がり配管とし、容易に水抜きができるようにする。
 給水管の埋設深さは、一般敷地では土かぶり 300mm以上、車両道路では 600mm以上、寒冷地では凍結深度以上とする。
 塩ビライニング鋼管、ポリ粉体鋼管を使用する場合は、継手に管端防食機構を内蔵した継手を使用する。または、協会の型式認定を受けた管端防食コアを使用する。

管工事施工管理技術検定、実地試験の、
過去問、出題傾向と出題予想が紹介されています。(その2)
http://gamba.hustle.ne.jp/tool/sekokan/kansk/kansk11.htm

 スポンサーリンク



posted by fuu at 10:50| 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする